Apple

将来のiPhoneやアップルウォッチには大気汚染や病気がわかるセンサーが搭載される

更新日:

iPhone センサー

 

将来のiPhoneやアップルウォッチにガス検知センサーが搭載されるらしい

 

Appleネタを探すのに欠かせないのが海外のApple専門サイトです。

そんな中面白い記事がありましたので紹介します。元記事はこちら

 

将来のiPhoneやアップルウォッチには、空気中の危険なガスを分析するセンサーが搭載されるそうです。そのセンサーは、利用者の低血糖や高血糖など血糖値レベルを監視したり、大気中の非常に細かい埃の粒子や汚染を検出できるものらしいです。

 

有毒ガスの検知器がありますが、それと同じようなものをセンサー化してスマートフォンや時計などのアイテムに搭載しようとしているみたいです。

 

既にAppleはかなり具体化していまして、アメリカ特許商標局が公開した特許出願で明らかになりました。

 

Appleが出願した特許は、空気の元素を感知してシステムが分析。その結果に基づいてユーザーに警告する2つのアイデアです。

 

大気汚染検出センサー

「Compact Particulate Material Sensor(コンパクトな粒子状物質センサー)」とタイトルがついている出願は、大気汚染を検出することを目的としています。

 

Appleは、直径が2.5μmよりも小さい微粒子状物質は高レベルの濁りとしてしか見えないが、容易に吸い込むことができ、「おそらく体から離れない」ことがあると指摘しています。

これらの大気を吸い込む結果、呼吸器疾患を悪化させることになります。

 

<粒子検出センサーの概念図>

粒子検出センサシステムの概念図image:appleinsider

 

Appleが出願したアイデアでは、特定の波長の光を放射する光源と、いくつかの光検出器からなる粒子状物質検知装置を使用します。光検出器上の薄膜フィルタは、パルスと同様の波長をもつ光に対して透明になるように調整されることで、微粒子から反射されたパルスが通過することを可能にします。

他のバージョンもありそちらでは、電荷に敏感な電子回路を検討しています。

 

大気汚染は、Appleが力を入れている中国やインドなどの新興国で大きな問題になっているので、新興国向けの機能とも言えますが、

 

日本でも...

・花粉症向けの花粉レベル検知

・ぜんそくの持ちの方向けホコリレベル検知

が可能になったら、人気の機能になるのではないでしょうか。

 

 

臭い感知センサー

Appleが特許出願した2つ目のアイデアは、大気中の化学物質を効果的に検出するものです。

 

Appleはシステムが化学的に様々な臭いを感知するためにセンサーを利用するアイデアを出願しました。

 

この臭い感知センサーは人工知能(AI:AppleならSiriですね)と連携することで、いろいろな臭いを区別することが可能になります。

 

具体的には、チップ上の微小電気機械システム(MEMS)内に封入された、たくさんのイオン液体センサを使うみたいです。

 

<センサーを備えた匂い感知ボードの概念図>

複数のセンサーを備えた匂い感知ボード

image:appleinsider

 

抵抗の異なる複数のセンサー(概念図 No.132)を使用することで、空気中の複数の異なる種類の化学物質を測定したり、iPhone(No.110)やアップルウォッチ(No.120)空気中の化学物質の量を示すことができます

 

このシステムのもともとの目的は空気の安全性でしたが、様々な用途が考えられます。

 

例えば

腐敗した食品の検出

体臭の検出

健康への応用:病気検知

があります。

 

この中で注目は、人間など生き物が発する

呼吸や汗で発する生体ガスの検知

です。

 

Appleでは、利用者の汗から血糖値を測定することを考えているみたいです。

これはグルコースのモニタリングを実行できるようにするものです。

 

研究が進めば、下の参考記事のように、人が発する臭いからガンなど健康や病気に関する様々なことが判るとされています。

どこまでガスを検知・区別できるのか楽しみです。

 

<参考:日本における生態ガス検知による病気研究>

http://www.tmd.ac.jp/i-mde/www/inst/PDF/1708-CMC-Seitaigas.pdf

http://www.fisinc.co.jp/case/detail_02.html

 

Appleは毎月特許をたくさん出願しているので、本当にiPhoneやアップルウォッチに搭載されるかはまた別の話ですが、このガス検知センサーによる健康管理はアップルウォッチの心電図機能(日本ではまだ未承認)同様、楽しみなアイデアといえます。

 

センサー技術の応用として、身だしなみの分野では、汗やワキガの臭いレベル検知として日本でも「クンクンボディ」という機械が発売されています。(リンク先はクンクンボディの本ブログ内記事)

 

これが

ココがポイント

病気検知など健康・ヘルスケアの分野で、身近なiPhoneやアップルウォッチに搭載されることになったらかなり魅力的です

 

他の特許出願では、スマートホームやIoT機器向けの「小型ガスセンサ」などを提出しており、Appleがガス検知技術にも力を入れていることが判ります。

ではでは。

  • この記事を書いた人
kosuke3

kosuke3

夫であり2児のアラフォーおとうさん。太り過ぎ健康が気になる100kgおデブさん。セールやアウトレットが大好き買うのは週3。ブログをやりつつマイルやポイ活にほそぼそ参加。大企業で窓際もバッチこいの意識低めなおじさん。

-Apple
-

Copyright© めもくまのメモ帳 , 2019 All Rights Reserved.