<小学生>入学祝いに2Bの名入れ鉛筆(名前入り鉛筆)を送る

我が家では、お友達や親戚の子が小学校に入学する際には、入学祝いとして名入れ鉛筆(名前入り鉛筆)を送ることにしています。

 

今までいろいろ入学祝いを何にするか考えてきましたが、試行錯誤してやっとたどり着いたのが名入れ鉛筆(名前入り鉛筆)でした。

 

ここでは、なぜ入学祝いに名入れ鉛筆を送ることがおすすめかと入学祝いとしておすすめの名入れ鉛筆にどんなものがあるかを紹介していきます。

スポンサーリンク

名入れ鉛筆を入学祝いにする理由

 

理由は、
・それほど高価でないので、先方にお返しの心配をさせなくていいこと
・もし他の人と入学祝いが重なっても、必需品・消耗品なので問題がないこと
・入学準備の一つである「持ち物の名前書き」仕事を少しでも減らせること

 

高価なものをあげると今度お返しを気にさせたり、あまりにも趣味が合わないものを嫌がって使ってもらうのは、あげる方としても不本意だと思います。

 

更に、入学準備で手間取るお母さん・お父さんの負荷を少しだけ減らせるという効果もあります。というのは…

学校に持っていく全てのものに名前を書く、という面倒だけどやらないといけない仕事を少しでも減らせるからです。

 

では、他にも名前を入れられるもの、例えばハンカチにも子どもの名前を入れることができますが、それであっても鉛筆を選ぶ理由があります

 

名入れハンカチでなく名入れ鉛筆を選ぶ理由は…

ハンカチは柄やキャラクターに子どもの好き嫌いがあります。

しかし鉛筆は、学校でキャラクターなど柄が付いているものが禁止されている場合が多く、きちんとしたものを選べば間違いないからです。

(鉛筆のキャラクターが禁止なのは、授業に集中できなくなるからという理由でした…)

 

 

おすすめ鉛筆の条件

 

おすすめできる鉛筆には2つの条件があります

<おすすめ鉛筆の条件>
・握りやすい鉛筆の形(断面)
・年齢に合った書きやすい鉛筆の濃さ

 

鉛筆の形

子どもが使う、鉛筆の形(断面)には大きく分けて、丸・三角形・六角形があります。

1年生ではまだちょうどいい力で鉛筆を握ることが難しいので、角のある鉛筆を選び丸の鉛筆は避けたほうがいいでしょう。

 

<おすすめの鉛筆の形(断面)>
三角六角>>>>>丸

 

鉛筆の濃さ

 

低学年はBか2B、基本2Bでいいかと思います。

 

男の子で筆圧がすごく強い子はBでもいいかと思います。

2Bであれば、無理な力を入れなくても、筆圧が弱くても楽に書けるのでおすすめです。

 

 

では、具体的に入学祝いにおすすめの鉛筆を3点紹介します。

機能性重視:くもん こどもえんぴつ2B+名入れ

 

贈り物にも機能を重視する方にはくもんの「こどもえんぴつ 2B」に名前を入れて送るのがおすすめです。

もちやすい太めの三角えんぴつ(2B)。正しいにぎりかたが自然に身につきます。

 

一方、くもんのこどもえんぴつには、専用の鉛筆削りや専用のキャップが必要になるので、できれば合わせてあげるのが良いでしょう。

 

 

モノの良さ重視:伊東屋 六角ペンシル 2B

 

文房具屋さんといえば銀座の伊東屋を浮かべる方も多いと思います。

高級品も扱っていますが、伊東屋オリジナルの筆記具やノートも大変人気があります。

 

伊東屋のオリジナル商品の中でも、六角ペンシルはシンプルで人気がありますが、そこに名前を入れて入学祝いとしてもいい選択になります。

 

個人的にも入学祝いに一番多く利用しています。

 

 

筆圧の弱い子ども:三菱鉛筆 ナノダイヤえんぴつ

書いてみると滑らかさが違うのがわかると思います。

こどもでも濃く、なめらかに書けると思います。

芯に特殊オイルをプラスしたことによります。

会社の従来比では、10%濃く書け、筆記時の摩擦は変動が小さく、10%以上低下しています。

ナノダイヤえんぴつは、筆圧の弱いこどもにおすすめです

 

 

 

鉛筆を正しくもつ:サクラクレパス かきかたえんぴつ2B

この鉛筆は三角形になっています。

正しく持つために必要な三本の指が、三面それぞれにフィットすることで、自然と正しく鉛筆を持つことができます。

てありますので、力を込めて書いたときにも指がずれにくく、汗をかいた手でも滑りにくくなっています。

鉛筆をきちんと持つための機能が充実しています。

また値段も高くなく、手軽さと機能を両立させたい方におすすめです。

 

 

おすすめまとめ

 

個人的には、伊東屋の鉛筆を入学祝い送ることが多いです。

 

理由としては、お祝いとしてカッコがつくからですが、むしろカッコをつけたくない相手には伊東屋は避けてそれぞれの子どもに合うような鉛筆を選んでいます。

参考になればうれしいです。

 

<おすすめ記事>
https://memokuma.com/kids/handmade/

コメント