<犬>リードのおすすめブランド&商品

スポンサーリンク

周りの飼い主からおすすめのリードを調査

近所には犬を飼っている人が多く犬を散歩させていると、たくさんのイヌとも(=犬友だち)ができました。
犬が遊んでいる間、飼い主さんと話すことも多く、ドッグフードや犬用カバン、犬の服、リードやハーネス、ペットホテルや動物病院の評判などなど、犬にまつわる情報を交換することになります。

ただ、ドッグフードは犬によって好みが違うし、服も飼い主の好みがあります。
そんな中、リードとハーネスは、だいたい「おすすめ」や「今度買いたい」が同じ意見になることが多いのでまとめます。

今日、うちのがノーリードの犬に飛びかかられました。噛もうとしたので抱っこすることで事なきを得ました。相手の飼い主はおばあさんでしたが、「あらあら」というでだけで何もせず…自分ちの子が加害者にならないためにも、リードはきちんとしましょう…

フレキシ(Flexi)の伸縮リードがおすすめ

おすすめリードのブランドは

フレキシ(Flexi)が一番人気、使っていない人も次のリードには…という人が多い印象

ドイツのフレキシ(Flexi)が人気です。
巻き取りがスムーズであること、他社と比べて壊れにくいことが挙げられます。まだ、フレキシのヴァリオという商品シリーズはベルトやLEDライトなどを自由にカスタマイズがでくることも人気の要因です。

おすすめリードの条件は

巻き取りタイプの伸縮リード。巻き込みしづらい幅広のテープ型より細いコード型

最近は固定長のリードを使用する方はやはり少ないです…
固定長のリードだと、短いと遊ばせるにも制限がありますし、長いと手元に引きつけておく時にどうしても時間がかかってしまいます。
それに比べて、巻き取りタイプの伸縮リードは、短いもので最長3m、長いもので8mぐらいまで手元のストッパーを操作することで簡単に調整できます。
人がいないところでは、リードを伸ばして犬を自由に遊ばせることができますし、人や犬の多いところでは、周りに迷惑をかけないようにワンタッチで短くできるのが利点です。

おすすめである巻き取りタイプの伸縮リードでも、幅広のテープ型のリード(下の図右)だとねじれが発生して、そのうち収納ができなくなるのでコード型のリード(図左)がおすすめです。

おすすめ商品を犬の体重とリードの長さで選ぶ

フレキシのコード型の伸縮リードでは
商品名にXSがつけば8kgまで、Sがつけば12kgまで、Mがつけば20kgまでとわかりやすくなっています。

<フレキシ伸縮リード(コード型) 対応商品>

体重/長さ 3m5m8m
-8kg・ヴァリオ コード3m XS
-12kg ・ヴァリオ コード5m S
・ネオン リフレクト S
・ヴァリオ コード8m S 
-20kg ・ヴァリオ コード5m M
・ネオン リフレクト M
・ヴァリオ コード8m M 

<ヴァリオ>の色はレッドとグレーの2種類 <ネオン>は黄色の蛍光色

犬種でいうと
XSは、トイプードルやチワワ、ミニチュア・ダックス、ミニチュア・ピンシャー
Sは、柴犬やコーギー、フレンチ・ブルドッグ
Mは、ブルドッグ、ハスキー、ビーグル  といったところです。

超小型犬におすすめ:ヴァリオ コード3m XS

小型犬におすすめ①:ヴァリオ コード5m S

小型犬におすすめ②:ネオン リフレクト S

中型犬におすすめ①:ヴァリオ コード5m M

中型犬におすすめ②:ネオン リフレクト M

参考記事:犬にノミやダニがつくのを防ぐ

コメント