<2020東京オリンピック>観戦チケットの価格とチケットの種類をまとめ

スポンサーリンク

2020東京オリンピック 観戦チケットまとめ

観戦チケットの販売方針

  • 過去のロンドン2012大会やリオ2016大会を参考にして、できるだけ入場料収入で稼ぐ
  • メリハリのある座席種類と価格設定により、なるべく多くの方、特に次世代を担う子供や若者に、会場に来てもらう
  • アスリートに熱狂空間を提供するフルスタジアム(満員)を実現する。
  • パラリンピックは、見てもらえるようにお得な価格設定にする。

 

観戦チケット価格のハイライト

  • チケット全体の販売数の半数以上を、8,000円以下に設定する。
  • チケット最低額:2,500円
  • チケット最高額:30万円(開会式)、競技では陸上(トラック&フィールド)の13万円
  • 価格差が最も大きいのチケット最高額と同様、開会式で1.2万円-30万円、競技では陸上(トラック&フィールド)3,000円-13万円
  • チケットは国内は「東京2020大会公式チケット販売サイト」で販売。(購入の際は、TOKYO 2020 IDの登録が必要)
  • チケット発売は、2019年春(2020年には一般のプレイガイドで販売開始)

 

チケット販売スケジュール


東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会HPより

競技ごとのオリンピック観戦チケットの価格(最高額・最低額)

開閉会式および全競技の通常のチケットのことです。
価格帯は、開会式が1.2万円〜30万円、閉会式が1.2万〜22万円。
競技チケットは2,500円〜13万円となっています。

下に価格の一覧表をつけていますが、

値段のつけ方として、国内での人気やメダルへの期待度を考慮して、陸上、柔道、レスリング、卓球などの最高価格は高めに設定されました。

一方で、各競技での最低価格は多くの競技で2,500円〜4,000円と割安にしています。

価格帯を広くして、近いところでは高価、少し離れていたり見にくい席は安価にと、価格のメリハリがついており、お財布事情によりチケットが選べるようになっています。

競技、種別等価格
開会式12,000円~300,000円
閉会式12,000円~220,000円
水泳(競泳)5,800円~108,000円
水泳(飛込)3,500円~30,500円
水泳(アーティスティックスイミング)4,000円~45,000円
水泳(水球)3,000円~18,000円
水泳(マラソンスイミング)3,500円~5,500円
アーチェリー3,000円~7,000円
陸上競技(トラック&フィールド)3,000円~130,000円
陸上競技(マラソン)2,500円~6,000円
陸上競技(競歩)チケット販売なし
バドミントン4,000円~45,000円
野球4,000円~67,500円
ソフトボール2,500円~25,500円
バスケットボール(3X3)3,000円~18,000円
バスケットボール(バスケットボール)3,000円~108,000円
ボクシング3,500円~45,000円
カヌー(スラローム)3,000円~10,000円
カヌー(スプリント)3,000円~9,500円
自転車競技(BMXフリースタイル)4,000円~10,000円
自転車競技(BMXレーシング)3,000円~12,500円
自転車競技(マウンテンバイク)3,500円~5,000円
自転車競技(ロード)3,500円~5,500円
自転車競技(トラック)4,000円~14,500円
馬術(馬場馬術、総合馬術、障害馬術)3,000円~16,000円
フェンシング3,000円~11,500円
サッカー2,500円~67,500円
ゴルフ3,000円~10,000円
体操(体操競技)4,000円~72,000円
体操(新体操)4,000円~36,000円
体操(トランポリン)5,500円~16,000円
ハンドボール3,500円~20,000円
ホッケー2,500円~10,000円
柔道4,000円~54,000円
空手(形、組手)3,500円~12,800円
近代五種2,500円~4,000円
ボート3,000円~9,500円
ラグビー2,500円~25,500円
セーリング3,000円~5,500円
射撃(ライフル、クレー)2,500円~5,500円
スケートボード(パーク、ストリート)4,000円~11,500円
スポーツクライミング3,000円~12,500円
サーフィン調整中
卓球3,500円~36,000円
テコンドー3,000円~9,500円
テニス3,000円~54,000円
トライアスロン4,000円~8,000円
バレーボール(ビーチバレーボール)3,500円~45,000円
バレーボール(バレーボール)4,000円~81,500円
ウエイトリフティング2,500円~12,800円
レスリング(フリースタイル、グレコローマン)4,000円~45,000円

ちなみに、開閉会式のチケット価格は1万2000円から30万円、競技のチケットは2500円から13万円で、チケット全体の半分以上は8000円以下に設定される予定です。

TICKET ID登録受付中 TOKYO2020
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会HPより)

<今までのオリンピックの最高・最低額>
2012年オリンピック ロンドン大会
チケット最高額は開会式の約29万3,000円(2012ポンド)
最低額は陸上、バスケットボール、バドミントン予選などの2,916円(20ポンド)
(1ポンド=145.85円、2018年7月23日時点)
2016年オリンピック リオデジャネイロ大会
チケット最高額が開会式の約13万5,000円(4600レアル)
最低額がホッケー、サッカー予選、レスリング予選などの約1177円(40レアル)
(1レアル=29.44円、2018年7月23日時点)

紙チケット
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会HPより)

特別なオリンピック観戦チケットについて

 

2,020円チケット

子ども、年配の方、障がい者も含めた家族やグループで気軽に会場に来ていただけるよう、グループ向けのチケットを設定(開閉会式を含めた全競技)
ただし、現在のところ販売枚数は未定。また、予選や一次リーグが対象になりそうです。
グループの人数は最低2、3人、最高で8〜10人が想定されています。

また、オリ・パラ合わせて、100万人以上の規模の学校連携観戦プログラムを実施。
小中高校生が参加しやすいように企画されたチケットで、東京都や競技会場のある地域などの自治体や学校と連携して実施される予定です。

車いすユーザー向けチケット

各会場に設置される車いす利用者席のチケット
価格は各会場の整備状況などをふまえた上で決定されますが、近くの一般席の価格よりはできるだけ安くする予定です。
また、同伴者の方が車いすユーザーの方と一緒に観戦できる方向だそうです。

ホスピタリティプログラム付きチケット

一般のチケットとは別に、人気の高い競技を中心に、観戦チケットと競技場内の飲食サービス等をセットにしたプレミアムチケットです。一般チケットとは別に販売される予定です。

ホスピタリティプログラム付きチケットは、オリンピックでは、2012年ロンドン大会から導入されています(サッカーのホスピタリティプログラム付きチケットを参考にしたそうです)
現在、陸上や野球、サッカー等の人気の高い競技を中心に検討しているそうです。

ちなみに、ロンドン大会では4500ポンド(約65.7万円)でしたが、これが1つの目安になっているそうです。
音楽のライブとかだとバックステージに入れる、特別なグッズがもらえるなどありますが東京オリンピックではどうなるでしょうか、注目です。

<参考>
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/
競技スケジュールはこちら
https://tokyo2020.org/jp/games/sport/olympic-schedule/

コメント