<東京都>交通事故の多い交差点と事故原因・注意点まとめ

タイトル_東京都_交通事故の多い交差点と事故原因

交通事故の約半数が交差点および交差点付近で発生しています。

事故が発生しやすい交差点には特徴があり、気をつけることで事故を回避できる可能性が高くなります。

 

ここでは自分が住んでいてよく運転する「東京都」の事故が多い交差点と事故が多い交差点に共通する特徴を整理します。

 

<事故が多い交差点の特徴>
①交通量が多い交差点
②交差点付近に「アンダーパス」「オーバーパス」がある交差点
※立体交差で、それぞれ掘り下げ式の地下道や高架になっている上の道路のこと
③上に高速道路がある交差点
交通量が多く、壁や柱によって視界を遮られる交差点こそ
最も注意すべき交差点といえます

交差点での事故の原因になるアンダーパス
アンダーパスの例

 

スポンサーリンク

東京の交通事故の多い交差点

 

<東京都の事故が多い交差点ワースト5(過去5年間)>

2017年 ワースト5 2016年 ワースト5 2015年 ワースト5 2014年 ワースト5 2013年 ワースト6
交差点名 件数 交差点名 件数 交差点名 件数 交差点名 件数 交差点名 件数
熊野町交差点 19 熊野町交差点 22 池袋六ツ又交差点 14 熊野町交差点 23 熊野町交差点 22
青戸8丁目交差点 10 青戸8丁目交差点 16 赤羽橋交差点 13 中の橋交差点 18 中目黒立体交差点 17
瀬田交差点 10 上高井戸1丁目交差点 13 上高井戸1丁目交差点 13 赤羽橋交差点 17 青戸8丁目交差点 16
蔵前1丁目交差点 10 四谷4丁目交差点 13 六本木交差点 12 中目黒立体交差点 15 大鳥神社交差点 16
和田倉門交差点 9 赤羽橋交差点 12 前原交番前交差点 11 上高井戸1丁目交差点 14 六本木交差点 14
南蒲田交差点 14

熊野町交差点(板橋区)、青戸8丁目交差点(葛飾区)など、毎年同じような交差点がランクインしているのがわかります。

それぞれ、大きな街道で車通りが多いところといえます。

また、5年間のワースト5をGoogleMapでマッピング(重複除く)してみると…

都心では、和田倉門前や六本木交差点、東京タワーのおひざ元の赤羽橋の5差路交差点といった観光地的な場所で事故が多く発生しています。

東京の南側、西側ではそれぞれ「山手通り」の交差点と「環状8号線」沿いの交差点が交差点事故の多発地帯といえるでしょう。

東京の東側は、予想はもっと事故多発地帯があるのかと思いましたが…あまりありません。地下鉄やJRといった電車の利用が多いのかもしれません。
ただ、国道6号(日光街道)沿いは、2年連続、東京都の交通事故件数1位の青戸の交差点や蔵前の交差点がランクインしており、日光街道は注意が必要です。

北側では、高速の池袋線に沿ったサンシャイン池袋の通りで事故が多発しています。

詳しくは下のマップをみて下さい。

 

東京の交通事故 多発交差点と原因

事故が多発している交差点の中でも、特徴的な交差点を3点ピックアップしました。

熊野町交差点:2017年、2016年、2014年、2013年ワースト1位
青戸8丁目交差点:2017年、2016年ワースト2位、2013年ワースト3位
上高井戸1丁目交差点:2016年ワースト3位、2015年ワースト2位、2014年ワースト5位

交通事故の多い交差点① 熊野町交差点

住所:板橋区熊野町10番

写真・地図:

形状や特徴:

山手通り(側道)と川越街道の交わる四差路交差点です。

山手通りは、中央にアンダーパス(本線)が走り、アンダーパスの上部には、首都高速5号線が走ります

交差点に入ろうとすると高速道路の支柱があるので、視界が良いとはいえません。また、国道と都道が交差するのに加えて高速の出口が近くにあるため、恒常的に交通量が多いといえます。

 

特徴的な事故と例:
追突、左折事故もありますが一番特徴的なのは【右折車と直進車の事故】です。

 

原因としては
・信号の変わり目での無理な右折
・右折先の横断歩道に気を取られ、対向車線を直進してくる車両の発見遅れ、見落とし
が多くみられました。

 

交通事故の多い交差点② 青戸8丁目交差点

住所:葛飾区青戸8丁目23番

写真・地図:

形状や特徴:
この交差点は、水戸街道(国道6号)と環七通りが交わる大きく屈曲している四差路交差点である。環七通りは中央にオーバーパス(青戸陸橋)が走る。国道と都道が交差するため恒常的に交通量が多いといえます。

特徴的な事故と例:【右折車と直進車の事故】が多くみられます。

原因としては
・信号の変わり目での無理な右折。
・対向車線を直進してくる車両の発見遅れ、また相手車両の見落とし。
が多く見られました。

 

交通事故の多い交差点③ 上高井戸1丁目交差点

住所:杉並区上高井戸1丁目3番

写真・地図:

形状や特徴:
この交差点は、甲州街道(国道20号)と環八通りが交わる四差路交差点である。環八通りは中央にオーバーパス(高井戸陸橋)が走る。国道と都道が交差するため恒常的に交通量が多い。

 

特徴的な事故と例:特に偏ることはなく【追突事故】【右折車と直進車の事故】【左折事故】と様々な事故が発生しています。

 

原因としては
・信号の変わり目での無理な右折
・前方不注意による追突
・横断歩道を横断する自転車を発見できず左折
などがあります。

 

高井戸ではほかにも「中の橋交差点」(杉並区上高井戸2丁目2番40号)もワーストランキングにランクインしていました。

交通量が多いのでこの近辺は注意が必要です。

 

<おすすめ記事>

<防災・災害>東京は津波より高潮の被害が大きい
東京では津波より台風による高潮の方が被害が大きいことがわかりました。地震を原因とする津波と台風を原因とする高潮を比較すると、東京都の想定では高潮の方がリスクが大きくなります。高潮のしくみも含めて紹介します。

 

<資料>
全国交通事故多発交差点マップ(日本損害保険協会)
http://www.sonpo.or.jp/efforts/reduction/kousaten/kousatenmap29/

コメント