男性更年期 症状と原因と対処(うつとの違いも)

 

男性ホルモンと更年期

スポンサーリンク

 男性更年期を知る

休みなのでNHKのあさイチを見ていたら、男の更年期を取り上げていました
自分も40代になり、抜けない疲労感気力の低下に加えて、少しのことでイライラするようになりました。思い当たることが多々あったので、男性更年期とうつとの違い、主な症状や原因・対策について調査し、まとめました

 

男性の更年期とは

「何もやる気がしない寝れないし起きれない、身体がだるい憂うつだ」と聞くと、「うつなのかな」って思われるかもしれません

しかし40代、50代で上記の症状がある人は男性更年期なのかもしれません

 

男性更年期の主な症状

症状は身体、精神・こころ、性機能に現れます

 

それぞれの主な症状として….

<身体の症状> 状骨・関節・筋肉の痛み、発汗ほてり睡眠障害記憶・集中力の低下肉体的消耗感
<精神・心理的な症状> 落胆、抑うつ苛立ち、不安、神経過敏、生気消失倦怠感
<性機能関連の症状> 性欲低下、勃起障害、射精感の減退

 

また、男性更年期はLOH症候群、加齢性腺機能低下症(late onset hypogonadism)とも呼ばれています

 

男性更年期と うつ との違い

 

男性更年期とうつとの違いは、血液中の男性ホルモンが正常値か正常値でないかでわかります

 

まずは、血液中の男性ホルモンの量を調べることが必要です

 

血液中の

男性ホルモンの数値が低ければ、男性の更年期障害

ですので泌尿器科や男性更年期障害に詳しい医師の元で治療を行いましょう

 

血液中の

男性ホルモンの数値が正常であれば、心療内科などうつの専門医の診察

を受けることが大切です

 

血液中の男性ホルモンの量は心療内科より泌尿器科で検査できますので、疑いを感じた時には先に泌尿器科や男性更年期障害に詳しい病院にかかりましょう

 

<参考>男性更年期障害の診療を行っている医療機関一覧(日本Men’s Health医学会のHP)
ホームページ:http://www.mens-health.jp/clinic

 

男性更年期の原因

 

<男性ホルモンの減少>

男性ホルモン「テストステロン」の減少が原因です

 

胎児の時に母体のテストステロンを浴びることで男性器ができ、思春期にも分泌されたテストステロンによりひげが生えるなど、大人の男性の体へと変化していきます

 

男性ホルモンのテストステロンには性欲を高めたり、強靭な体をつくる働きや挑戦意欲を高める働き、いわゆる男らしさを形作る働きがあります

 

男性ホルモンは年齢とともに分泌量が減りますが、大きなストレスを受けると急激に減少し、更年期症状が現れやすくなります

 

特に40代を過ぎ、勤め先でのストレスや家庭での悩み事が増えると要注意です
(60代以上より、40代・50代の方がテストステロンの分泌量が少なく、会社や家庭でのストレスが関係しているものと思われています)

 

男性更年期のセルフチェック

 

男性更年期障害のチェックリスト」の質問は17あります

点数は、症状がない場合は1点、症状が軽い場合は2点、症状がそれなりにある場合は3点、症状が重い場合は4点、症状が非常に重い場合は5点になります

 

合計点数が50点以上あれば「重度」になり、男性更年期障害の診療を行っている医療機関の受診を考えてください

(1)総合的に調子が思わしくない
(2)関節や筋肉に痛みがある
(3)突然汗が出るなど、ひどい発汗がある
(4)寝つきが悪いなど、睡眠に悩みがある
(5)よく眠くなる
(6)イライラする
(7)神経質になった
(8)不安感がある
(9)疲れやすくなった
(10)筋力が低下した
(11)憂うつな気分になる
(12)「人生のピークはすぎた」と感じる
(13)燃え尽きたと感じる
(14)ヒゲの伸びが遅くなった
(15)性的能力が衰えた
(16)朝立ちの回数が減った
(17)性欲が低下した

 

Web上でクリックするだけで男性更年期障害(LOH症候群)チェックできるサイトもあります
http://www.loh.jp/check/01.html

 

男性更年期の治療法・対処方法

 

日常生活では、食事・睡眠・運動で軽減できます

 

食べ物では、ジオスゲニンを含む「とろろ」アリシンを含む「たまねぎ」や「にんにく」亜鉛を含む「かき」や「レバー」などが、テストステロンを増やす効果があるとされています

 

 

 

一方治療としては、男性ホルモン補充療法と漢方薬による治療があります
そのうち漢方薬についてはネットでの購入が可能です

 

漢方薬(柴胡加竜骨牡蛎湯)による治療

漢方薬(柴胡加竜骨牡蛎湯

気持ちを落ち着け、心と体をおだやかにする漢方薬です

神経の高ぶりをしずめて、心と体の状態をよくします

 

具体的には、高血圧や動脈硬化にともなう諸症状不安・いらだちなど神経症や不眠、また、精神面がかかわる動悸、めまい、のぼせ性的機能の低下にも用います

 

 

男性ホルモン補充療法

 

症状が重い場合、医療機関でテストステロンの注射して男性ホルモンを補充します

治療期間の目安は1年で、月に1~2回程度、3か月ごとに効果があるかどうかをみます

原則、40歳以上の男性が対象です

副作用の可能性がありますので、きちんとした医療機関での実施が必要です

脂質代謝異常の方、多血症、前立腺疾患の方や前立腺がんの既往歴や疑いがある人、重度の肝機能障害や腎機能障害がある人は、男性ホルモン補充療法は受けられません

 

また、テレビでは漢方薬とともに男性ホルモンクリームの利用についても話がありました
有効成分としてテストステロンを配合した医薬品の男性ホルモンクリームはこちら

 

 

コメント