弾道ミサイルが飛んできたらどうする?

スポンサーリンク

ミサイルが日本に落ちたら?

北朝鮮の弾道ミサイルの発射実験、核実験が続いています。

数年前は私たちの受け止め方も軽いものでしたが、ここ最近は弾道ミサイル、さらには小型核弾頭ミサイルが本当に日本、自分の住んでいるところにも飛んでくるかもしれない怖さがあります。

日本に弾道ミサイルが来た場合「Jアラート」が発動されますが、北朝鮮からは10分かからないうちにミサイルが日本に到達します
前回、釧路沖に弾道ミサイルが飛んだ時は発射4分後に「Jアラート」が発動しましたので、時間が取れても5分以内で避難しないといけません。

その時に調べたり、考えたりする時間はありませんので、今のうちに確認しておきましょう。


内閣官房 国民保護ポータルサイトより

弾道ミサイル落下時の行動について

では、弾道ミサイルからどのように避難したらいいでしょうか?
詳細は「内閣官房 国民保護ポータルサイト」にて確認できます、簡単にまとめてみました。
http://www.kokuminhogo.go.jp/

頑丈な建物や地下に避難する

屋外にいる場合、できる限り頑丈な建物もしくは地下、地下鉄の駅や地下街、大きな建物の地下階に避難しましょう。特に地下に避難するのが有効です。

核弾頭などが、最も破壊力を発揮できるのは空中での爆発時です(空中何メートルで爆発するかは核弾頭の重さにより異なります)。その為、地下に避難していれば、屋外にいるよりも、建物の中にいるよりも、安全な可能性が高いと言えます。

遮蔽物に身を隠す

建物がない場合、物陰に身を隠すこと。隠れるところがなければ、地面に伏せて頭部を守る。
近くにミサイルが落ちた場合は、口と鼻をハンカチなどで塞ぎ、現場からすぐに離れて密閉された屋内または風上に避難しましょう。

窓のない部屋に行く

屋内にいる場合、密閉性が高いところ、開口部から離れているところに避難します。
窓がない部屋があればその部屋へ、どの部屋にも窓があればできるだけ窓などの開口部から離れることが大切です。

もし着弾したら?

<ミサイルが着弾した後は何をすればいいか>
弾頭の種類に応じて被害の様相や対応が大きく異なります。
そのため、テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努めてください。また、行政からの指示があればそれに従って、落ち着いて行動してください。

<近くにミサイルが着弾した時はどうすればいいか>
屋外の場合、口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難してください。
屋内の場合、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。

 

コメント