<観光>青森ねぶた祭り スケジュールやコース、順路などまとめ

ねぶた祭りを観光する

 

スポンサーリンク

初めてのねぶた祭り

青森で8月2日から7日まで開催された、ねぶた祭りに行ってきました。
我が家が観覧したのは、初日の8月2日でした。
前日まで岩手にいたので、昼過ぎに青森駅前のホテルに車を置き現地に行きました。

すると、道沿いは観覧席、もしくは場所取りのテープで埋まっていました…

正直、出遅れたので立ち見と思ったのですが、幸運にも、一番前で見ることができました。
肝心な、ねぶた祭りの感想ですが、囃子やハネト(踊り手)の方も初日で、肩慣らしと思うのですが…すごく楽しめました。


ねぶたと囃子の光と音、特に一番前だったので音がすごいと思ったら、太鼓を据え付けている大きなリアカー?に何個もスピーカーをつけていました。
太鼓や笛の音をマイクで拾って、大音量でスピーカーから流すのに加え、前後のねぶたの音も違うテンポで聞こえてくる、なかなかの祝祭感でした。
それだけでなく、ハネトが子供に鈴をくれたり、ねぶたが目の前でぐるっと引き回ししたり、耳にも目にも迫力がありました。


ということで、来年も行くことにします!

一つ残念に思うことは、

ねぶた祭りをより調べておけば、より楽しめたという後悔です

だから来年はより良く楽しく見れるように、ねぶたの諸々をまとめます。

<毎日新聞:青森ねぶた祭 最高賞に紅葉狩 昨年上回る人出>
https://mainichi.jp/articles/20170807/k00/00m/040/071000c

青森 ねぶた祭り まとめ

2017年です、2018年の詳細が決まりましたら修正していきます。

<追記>クラブツーリズムでは早々に2018年のねぶた祭り含む東北三大祭りツアーの受付を開始しました。青森のねぶた・秋田の竿燈祭りは観覧席付!!です。詳しい情報は、下の画像をクリックして、ホームページ左上の「コース番号からツアーを探す」で、AA210-923 を入力してください



ねぶた祭り 観光ガイド

8月2日から-8月7日に、曜日に関係なく行われます(1日は前夜祭)

<日程>
8月1日:前夜祭(会場:青い海公園特設ステージ)、浅虫温泉花火大会(会場:浅虫温泉)
8月2日、3日:子どもねぶた(約15台)、大型ねぶた(約15台)
8月4日~6日:大型ねぶた(約20台)8月6日大賞他、各賞を発表
8月7日:大型ねぶた(約20台)、青森花火大会・ねぶた海上運行(会場:青森港)

やはり、受賞ねぶたがみれる6日、7日が大変人気があります。


8月2日から6日はコース上にねぶたが待機し、合図で一斉に全てのねぶたが動き出します。
終わりも、開始と同じように21時に合図で終了になります。
(コースを周りきれていなくても終了、周りきれたら、21時前でも終了)

運行ルート・地図

青森駅前から伸びる新町通りから、ホテル青森で平和公園通りに入り、奥州街道で曲がります。青森県庁のところで白甲通りに曲がった四角形がルートになります。


交通規制はこちらに資料があります(公式HPより)
https://www.nebuta.or.jp/info/docs/2017NebutaMap1.pdf
臨時駐車場・迂回路はこちらに資料があります(公式HPより)
https://www.nebuta.or.jp/info/docs/2017NebutaMap2.pdf

タイムスケジュール

18:30 交通規制が始まります。

19時前からねぶたや跳人の方がルート上にスタンバイし始めます。
開始時間が近づくと、トイレが混雑しますので、早めに行きましょう。
道の混雑もひどくなるので、場所を確保している方は18:50ぐらいまでに、食べ物・飲み物を買って自席に戻れるようにしましょう。

19:10 号砲の合図で開始

21:00 号砲の合図で終了

少し前から、駅への道が混み始めますので、しばらくしてから移動しても良いかもしれません。(開始時よりは混みませんが)


海上運行も行われる7日は、交通規制が12:50から15時まで実施され、13:00-15:00でねぶたが運行されます。

トイレ

トイレは19時前からどこも混み、並びます。

特に、女性や子どもがいる場合は18時半過ぎに必ず行きましょう。
下の一覧に入っていないトイレを借りれるような大きなお店も新町通りなどにありますが、18時過ぎに閉店してしまうので気をつけてください。

おすすめトイレは青い森公園です。

<Google Mapによるトイレ一覧>
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=11oHL80wn8mOJG3H1a8zBUtZoplk&ll=40.82411472345392%2C140.74733285000002&z=16

2018年の青森ねぶた祭りについて

2018年のねぶた祭りも、8月2日から-8月7日に、曜日は関係なく行われます

カレンダー的には、2日(木)、3日(金)、4日(土)、5日(日)、6日(月)、7日(火)となります。中日の4日、5日が休日になりますので、比較的どの日も平均的な人出になると思われます。

ねぶたのツアーについてはこちらの記事を参考にしてください。
https://nattynote.com/2017/11/2018nebuta_tour/

青森のねぶた祭り おすすめホテルと宿泊予約については

https://nattynote.com/2017/09/nebuta_hotels/
同じ東北の夏祭り、秋田の竿燈まつりについてはこちらからどうぞ
https://nattynote.com/2017/08/kantou/

6月前になると公式サイトで順次情報がアップされ、指定席の販売が始まります。
それに合わせて本サイトでも日程・アクセス・観覧ポイント・プラスαの情報の修正をして行く予定です。
https://www.nebuta.or.jp/
おすすめ記事
https://nattynote.com/2017/08/oirase/
https://nattynote.com/travel/anamile_okinawa
https://nattynote.com/travel/anamile_hokkaido/


コメント

  1. たくたく より:

    情報をありがとうございます!
    2018年の青森ねぶたを観に行こうと計画中です(青森市内にホテルは取れませんでした)
    昨年は一番前に座って観られたとのこと、場所はどの辺りか教えていただいてもいいでしょうか?
    また、何時頃から場所取り待機されましたか?

    • memokuma noanoa11 より:

      コメントありがとうございます。
      場所とりですが人気がある角地や審査員席のそばはは、前日や朝にはガムテープで場所取りされています。
      八甲通りに昼前に場所取りをするかですが、一番いいのは新町通り(アーケード通り)です。
      椅子を並べていますが、指定席になっているところ(お店がお得意さん用に確保しているところ)とそうでないところがあります。
      公共施設(観光会館?)の前とかは指定席でないので、椅子を並べた後に座れます。
      お店の前でも指定にしていないお店もあるので聞いてみるといいかもしれません。(観光協会の方に聞いてみたら、元々は観光客用に用意しているものらしいです)